スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まいった・・・

しばらくは外科のお世話にはならないだろうと
思っていたのに、先週の土曜日駆け込むことになった
発病時以来の激痛・・・あれから7年、波はあっても一応RAと
診断されて治療は受けているのだから、日常生活は送れている。

しかし、金曜の夜は違った。横になるどころか背もたれにも
寄りかかる事が出来ない。左手で右の肩を押さえつける。
ブヨブヨして熱い。絞めつけるような自発痛・・・これは久しぶり(^^;)

とにかくどうにもならないから、食卓のイスで朝まで待った。
一番でS大の膠原病内科へ主治医はいないので代診の先生が・・・
「あ~これは痛いよね・・・でもここで膝の注射は出来ても肩は~」
え?「先生~今日もイスに座ったまま眠れないんですかぁ~」
「ん~肩は怖いんだよ~感染がねぇ・・・外科にお願いしよう」
と言われ、外科へ~

現れたのはチョイ悪オヤジ風のワイルドな先生(一瞬引く)
でも、見た目怖い人ほど優しいのか?対応は良かった・・・
「これは~水溜まってるね~かなり痛いでしょう」
わたし・・・「うん!」どうにかしてくれ!寝かせろ!(笑)
(言ってませんって、そんな事・・・)

結局、再燃中と言う事もあり薬は入れずに水を抜いて様子み
う~肩の関節の中で針が動く。取り出した水はオレンジ色。
感染していないか、そのまま検査に回った・・・
メソトレキセートの限界でしょうかぁ~とほほ
激痛からは開放されたものの、未だに夜中に痛みで目が覚める
ストレッチも禁止・・・そろそろシャンプーしないとなぁ~
スポンサーサイト

コメント

ニーヤさん、お見舞いに来ました~
激痛、大変でしたね。
膝より肩の水抜きの方が感染のリスクが高いんですか!
でも、検査までしてくれるなら安心ですね。

私は鎖骨の水というか膿を抜いたことがあり、
医者が「痛いよ~」と脅す割には痛くなかったのですが、
針が入っていく感じがなんとも言えませんでしたv-393

症状が落ち着いて、ゆっくり眠れるようになるといいですね。
シャンプー、できましたか~?

タルパさん(^^)
お見舞いありがとうぉ~肩関節からの水抜きは
あまり例がないみたいで、特に内科の先生だし・・・
でも、外科の先生はもちろん手馴れた感じでしたよ。
脂肪が少ない部分に針を刺すのは、痛みが強いようなイメージが
あるんですが、鎖骨に針も痛そうです。でも結構刺す本人よりも
刺される患者の方が案外平気だったりするんですよね(笑)
「痛いよ~」って心配してくれる先生は優しい先生ですね(^^)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。