スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リウマトの限界

今、2回目の再燃中(^^;)
9月の中旬頃から右足の人差し指が数年ぶりに炎症を起した。
寛解のお墨付きを主治医から頂いた事は無いけど、
良い状態でキープできていたと思う。
CRPもこの2年位は0.3で落ち着いていたし、血沈も30前後だった。
時々、色んな所が炎症を起したけど1週間もすると消えていった。

段々と自分の体が分かって来たから、しばらく安静にして・・・
の繰り返し。「良い子にしててね」の呪文も効いていた(笑)
でも、今回は違った。足の指の炎症は2週間で治まって
随分歩きやすくなったから少し時間はかかったけど、
いつものパターンだと思い込んでいた。
炎症が治まって一週間が過ぎた時、スイッチが入った

再燃って2回やるとよく分かる(笑)言葉で表すと「来た」「まずい」って感じ。
9月下旬にスイッチが入ってから、この3ヶ月でCRPも
0.3⇒0.7⇒1.1⇒1.5と規則正しく上昇。
それに合わせてリウマトも2㎎から8㎎へ増量しているけど、
困った事に体中の痛みは全く変わらない。

足の指はスイッチが入ったと同時にもう一度燃えたけど、
今は落ち着いて燃えカスが残って黒くなった状態。
両膝、両肩はロキソニン1日3錠で動かせる位の痛みまで抑えられる。

一番酷いのは、足首と左手指の2箇所。
赤く腫れて熱を持っている状態でやがて4ヶ月。
主治医からは、リウマトの限界。生物製剤を勧められて迷う日々・・・
先日、生物製剤の前に「MTX」という方法もあると
ある患者さんから聞いた。それを試してみてもいいかも。
生物製剤が効果が無ければ治験になる。
その前にやってみる価値はありそう。

年明けから、派遣の仕事も1ヶ月残っているし何とか乗り切りたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。